バンコクとボクと、時々、むすめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

大連珍道中~帰路~

いよいよタイへ帰国する日が来た。

キャッシュでホテルの支払いをする
100元×20枚=2000元

すると3枚だけつき返されて
「これは中国のお金じゃありません。台湾のお金です」
と言われる。
ゲッ 両替した時に混ぜられたんだ・・・・
台湾ドルの為替レートがいくらぐらいなのかは知らない
が同じ100でも台湾ドルの価値の方が低いのは容易に
想像できた・・・。やられた・・・。

中国の100元には英語で「yuan」の表記があるのに対
して台湾ドルにはその表記がなかった。初めて中国に行
かれる人は、両替の際にその部分を気をつけて確認した
方が良いようだ!台湾ドルも漢字の表記があるのでボク
などは、せいぜい旧札と新札の違い程度に考えていた。

仕方がないので、正真正銘の300元を支払う。

この時点で、ボクの財布の中身は日本円1000円 
中国元70元 台湾ドル300 となっていた。

大連空港から、定刻どうり上海に移動しバンコク行きの
飛行機を待つ。乗り継ぎまでは約5時間。

上海空港内で、ちょっとお腹が空いたなぁ、でもお金が
もうないしなぁ~ と思っていたら、店先にビーフカレー
55元の表示「ぜんぜん足りるじゃん」とその店に入店。

さっき見たビーフカレーを注文すると、
「飲み物は?」
と聞かれたので、じゃお金もないのでエビアン(水)を
注文する。

すると「では80元になります」
との事・・・。

ゲッ 持ち金(中国元)足りないじゃん・・・。
エビアンってそんな高いのっ!?

そこで1000円が残っているのを思い出して
日本円で支払う旨を伝える。

すると店員さんは電卓を持ち出して
「それだと1400円です。ニコッ」
と笑顔で答えてくれる。

「カレーと水で1400円てかっ!!!!」

結局、日本円でも足りないじゃん・・・。
そのスマイルに課金されてんじゃないの?
台湾ドルの300が中国元だったらなぁ・・・

とぶつぶつ文句を言いながらも仕方がないので、カードで
支払う事にする。

こういう時、本当にカードはありがたいとしみじみ思った!
「デカケルトキハ ワスレズニ!」

カレーを食べ終わっても、出発までまだ随分時間が余っている。
周りを見渡すと、タバコを吸っている人が何人かいたので
ここのレストランは喫煙OKなんだという事を知る。

そこで、横の席でタバコを吸っていた中国人風のおじさん
に火をかしてもらう。
なんでこの人はライター持ち込めたのだろう?
ボクもライター持ち込もうとしたのですが持ち物チェックで
引っ掛かり、廃棄処分に・・・。謎だ???

その後、暇だったのでこのブログの記事を書き溜めてた訳なの
ですが、その間に2度も搭乗口が変更されるというオマケつき。
上海空港の端から端まで移動するはめになる。(すごく歩いた)

上海からバンコクへのフライトも順調で、無事バンコク到着。
バンコクのイミグレーションの外国人専用カウンターの所が
「Foreigner」と表記されていた。
旧バンコク国際空港だと「Alien(エイリアン)」と表記されていた
ので「エイリアン扱いかよっ!」と思っていたのですが、新空港に
変わり、ボクも人間扱いされるようになったようだ(笑)

とこんな感じで大連への旅は幕を閉じた訳ですが、
いやはや本当にすごい旅だったよ。

えっ 別に普通じゃん。と思うかもしれませんが、いやいや
すごいんです。

だってタイを出国してからタイに入国するまでの間、


日本語しかしゃべってないん
ですから・・・。



日本語以外でしゃべったと言えば、大連の空港で
荷物が出てこなかった時に、タイ語でしゃべったのと
中国語の「謝謝!」のみっ

ねっ すごいっしょ!!

おしまい
スポンサーサイト
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<また予言 | ホーム | 大連珍道中~大連滞在~>>

コメント

おいおい外国なのに日本語のみとは!?
流石だね!
しかしカレーと水で1400円は高いな。
流石中国だね。

次は何処の国?インドかな?
期待しています。
2008-08-03 Sun 14:35 | URL | kajisan [ 編集 ]
英語を話さないのじゃなくて
英語が話せない・・・
ので仕方がないです(>_<)
2008-08-03 Sun 17:07 | URL | ボク [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。